2018年6月28日 (木)

障害基礎年金1010人支給停止は撤回へ

 昨日のヤフーニュース(毎日新聞)によれば、20歳前初診日による障害基礎年金受給者1,010人に対する支給停止経過措置を撤回するとのこと。

 また、記事では、昨年4月以降に20歳前障害基礎年金以外にも同様の事情で支給停止となった受給者が「少なくとも数十人いると見られる。」、その受給者の支給停止もしないことになる模様。

 この問題が報じられ精神疾患、知的障害、発達障害による受給者の支給停止への不安が広がったようですが、6月1日の衆議院厚生労働委員会の場で精神疾患・知的障害は含まないことが明らかにされました。

 平成28年9月に策定された精神障害に係る等級判定ガイドラインでは受給者への対応や運用の見直し等が記載されていたことから「それはないはずです。」と幣事務所サイト・障害年金119の相談で返事を差し上げることが増えました。

 昨年度から各都道府県ごとの審査から東京一括審査に変更となり、認定医が変ったことが主な理由だと厚生労働大臣も説明していましたが、6月22日の毎日新聞記事によれば、「厚労省は、1010人の障害の内訳も明らかにした。循環器496人▽血液など230人▽肢体101人▽腎臓・肝臓・糖尿病91人▽聴覚39人▽呼吸器29人▽視覚24人--だった。」とありました。

 障害年金の認定基準で、特定の治療や施術、検査数値等で3級と認定する。障害状態によっては更に上位等級(2級以上)と明記された障害による受給者が多いのではと感じます。

 障害厚生年金では3級以上、障害基礎年金は2級以上に該当しなければ障害年金が受給できない現状は障害基礎年金しか請求できない方には厳しすぎるのではと思えてなりません。障害状態に変化のなかった方への支給停止が撤回されることになるとすれば良かったと感じます。

2018年3月24日 (土)

松本ハーフ参加

 先週の3月17日は松本市で開催された松本春のランニングフェスティバル2018に参加し

ました。下の写真の通り東山方面は晴れ渡っていますが、西の北アルプス方向はこの時点

ではスッキリト腫れていませんで気温が低く寒かったです。

Dsc_0928

 ハーフマラソンスタートの9時15分頃には晴れ、北アルプスを見ながら走ることができまし

た。平坦なコースと言われていたのですが、道路の高架橋となっている通路までは登りで私

には結構きついと感じました。練習不足と筋力不足を思い知らされることになり、後半は身体

も冷え初めてレース途中でトイレに駆け込むことに。

 最近何時間も車で移動することがないので2週続けて片道3時間近く車を運転する方が疲

れました。次は4月中旬のかすみがうらマラソンです。その翌週は地元のハーフマラソンで

す。

2018年3月16日 (金)

はるな梅マラソン参加

 3月11日、群馬県高崎市の第27回はるな梅マラソンに参加してきました。ハーフマラソン希望だったのですが応募が締め切られ11kmレースに参加することになりました。

Dsc_0905_3

私は高崎市の剣崎町に3年程単身赴任し、仕事で旧榛名町にも通っていた時期がありはるな梅マラソンがあることは知っていました。その頃は自転車が好きでランニングには関心はありませんでした。

10年振りくらいの懐かしい榛名町ですから景色を見ながら前半は走りました。登りがキツイので途中で走るのを止め「山の神」じゃなく自分は「山の死神」だと自嘲的につぶやきながら歩いてました。でも今の実力では歩いた方が結果的に良かったのかも知れません。

参加費は僅かなのにあんなに景品まで貰って良いのかと思うくらいだったし、春先の初レースで来年も参加したいと思います。

駐車場が大混雑すると聞いていたので近くの駐車場に止めたのですが急遽遠方の駐車場へ移動。マイクロバスで運んでくれるので反って出るまでに時間は掛らずに済みました。

次は18日の新潟ハーフマラソンと言いたいのですが、これもバタバタしていて締切に間に合わず明日の「春の松本ランニングフェスティバル2018」のハーフマラソンに参加です。

障害年金代理のご依頼も地元からは少ない社労士ですので自分らしいなと思ってます。

北アルプスを時々眺め健康を実感しながら自分を追い込んでみたいと思います。

2018年1月26日 (金)

寒波襲来

 道路が大渋滞するのが予想できたから本当は出かけたくないけどそうも言えません。早め

に家を出たのですが、前が見えない状態で進めなくなった。どこが道路かわからなくなり車道

外を走ってしまった車もいました。

2018_0125_071825_007mp4_000204565_2

 真ん中にライトをつけた車がそうです。でも車道外なので通行の妨げにならないので助かり

ました。

 信越線に長時間閉じ込められた現場とは距離がありますが、同じような地形です。三条市

に向かったのですがこの先は通行止めになったから言っちゃダメと親切に教えてくれる人が

いたのですが、この先は集落が続く道だから抜け道があるはずとひたすら前向き思考で先を

急いだのです。しばらく進むとやはり道を塞いでいる車が止まっていました。

 行きどまりだったら戻れば良いとまたわき道を進むと幹線道路に出ました。大渋滞。

 また、わき道を捜して車を走らせます。意外に道路の状況は良く、皆警戒して通らないよう

でした。

 最初は幹線道路に向かうつもりだったのですが、今回は敢えて細い道幅の山手の道を通

ることに決めました。なんと、驚くほど見通しも良くスムーズに走れるではありませんか。

2018_0125_074824_013mp4_000183220

地吹雪が起きないからでした。こういうこともあるんだと思いました。

 12月下旬早朝、1m程度の部分的なカーブのアイスバーンで怖さを感じ新調したスタッドレ

スタイヤ、BS ブリザックVRX2。大雪や凍結路を走るときは変えて良かったと思います。

2018年1月11日 (木)

あけましておめでとうございます

たいへん遅くなりました。皆さま、あけましておめでとうございます。

年賀状を出したのが31日のお昼近くなどと言う状態で、会社勤めを辞めてこの仕事を始め

てから一番忙しい年末、年始となりました。これもひとえに(更新が極めて少なくなってしまっ

た)当ブログや事務所サイト・障害年金119をご覧いただいた皆様方からのご相談やご依頼

のお陰と感謝申し上げる次第です。

年賀状の枚数も年々増えていますが、中には連絡先不明で戻ってくるものもございました。

お元気でしょうか?そうあって欲しいと思います。

今年はブログの更新も行ってゆきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

2017年11月10日 (金)

リハビリⅡ

 1月10日以来のブログアップとなりました。

10時半頃まではそうでもないのですが、その後の一日の過ぎるのが早すぎると感じる毎日

です。最近は日が短くなったから尚更です。

 リハビリのその後。1月下旬に右足の抜釘手術のため1泊2日の入院、手術後翌朝まで

ベッドに横になっていなければならないことを間違えて聞いていて3時間後に起き上がったら

怒られました。『今成さんは知らない病名でしょうけれど安静にしていないと脳脊髄液減少症

と言う病気の危険性があるんですよ。』と言われました。それを聞いてから寝返りも気を付け

るようにしていたので不自由な一日でした。9月の手術の時は両足が不自由で起き上がるこ

とができなかったけれど、頭を上げたりとか結構上半身を動かしていました。麻酔が切れると

痛みが出るからその時は痛み止めを飲みましょうと言われていたが、脳脊髄液減少症の説

明が気になって痛みなど感じなかったのかも知れません。

 退院後しばらくはボルトを入れた右足が甲高になってしまい今まで履くことができた靴が履

きにくくなり大きめのサイズを買い靴を履いていました。2月になり、5カ月ぶりに市の体育館

のランニングコースでジョッギングを開始することができました。

2017年1月10日 (火)

リハビリ

 骨折から4月が経過しました。

 いよいよ来週明けには右足甲のボルトを抜く抜釘手術入院がある。余計なものは体内に残したくないので金属疲労で折れることがあるからと主治医に言われたのでそれまではランニングは我慢しています。

Sdsc_0351


 ですが、特に左足の脚力を強化しないと何か歩いていても違和感が拭えません。早く歩かないでも距離を歩くようにしています。ランタスティックを使い記録し励みにしています。この3連休前も含めるとフルマラソンに匹敵する距離は歩いたことになりました。(この時期に外歩きが出来る年も記憶にないですね。本当に雪が全くないのです。)

 抜釘手術後の状態にも依りますが、4月下旬の地元のハーフマラソン大会にはエントリーし完走を目指したいと考えています。

 本業の障害年金では3連休後のためかご相談が普段の倍以上お寄せいただいております。いきなり依頼もあり、今年は良い年になりそうな予感がします。

2017年1月 2日 (月)

新年のご挨拶

Pixta_9330863_s


 あけましておめでとうございます。

 昨年中は、拙ブログ・障害年金情報サイト「障害年金119」をご覧くださいまして誠にありがとうございました。また、障害年金申請代理や申請サポートのご依頼を全国の皆様方から頂戴できましたことに御礼を申し上げます。

 本年も障害年金専業の社会保険労務士として多くの皆様の受給のお手伝いを全力で、そしてリーズナブルな料金で行って参ります。

 障害年金119 

今成 一男

2016年12月10日 (土)

あれから3月が過ぎました。

 両足骨折から漸く3月が過ぎました。ランニング中の車とのトラブル・接触事故を恐れる気持ちが強かったことが原因だったように思います。 

 9月6日、仕事が終わってからランニングを始めるので暗くなってしまい真っ暗な遊歩道では、タヌキなどの動物とのトラブルになったりすることを回避するため、普段は通らない県道をかなり明るいヘッドランプを装着、工事用の反射テープのついたベストを着用した上で走り始めました。

 数日前、車が走行する直前を横切ったのではなく、私が草刈り機を背負い道路の半分を横切っているにもかかわらず、後から猛スピードで来た車から「早く渡れ!」と執拗に罵声を浴びせられたことがありました。

 県道の端の白線外をランニングで走行していても、意図的にスピードを落とさずギリギリにすり抜ける車が5,6台の内の何台かはいます。危なさそうだからと道路端の白線外の舗装されていない草むらを走ったりしていました。Sdsc_0255_2

 短い陸橋に差し掛かりました。その下を遊歩道(旧栃尾鉄道線路跡)が通ります。当時、前方には何台かの車がこちらに向かってくるのが見えました。その陸橋道路の脇の白線内を走ったら危ないと思い避けた瞬間、右手先には歩行者用の通路が途切れ、ガードレールや標識も何もなくそのまま転落していました。

 3メートルほど下のコンクリート舗装の遊歩道に飛び降りてしまったのでした。私が飛び降りてしまった右側は柵などはありません。左側は遊歩道を挟んで両側にガードレールが設置されています。

 飛び降りてしまった当初は、まさか骨折までしているとは思わず痛みを我慢して近くの市立体育館までたどり着きました。最後は這って行きました。自宅に電話をしてもらい迎えに来てもらって入浴・着替えの後病院へ行くつもりでしたが車の中で動けなくなってしまいました。

 両足骨折と告げられてもさほどでもなかったのですが、即日入院、短くても3週間、場合によってはひと月半の入院が必要と告げられた時は流石に瞬間的に眩暈がしました。9月末で退院後も10月まで外出は車イス。装具を付け両足とも付けない状態が10月中旬まで続きました。

装具のパーツを変えたりした後10月22日に装具をつけなくても良くなり、今月2日から自立歩行の許可が出ました。近くの刈谷田川の遊歩道や市立体育館内のコースなどを歩くようにしています。また、温泉施設にも通っています。

 装具を外せるようになった日から車の運転もできるようになり徐々に活動範囲が広がりましたが、松葉づえが欠かせませんでしたし、杖も使えないような状況では9月末の退院後と同じ状態を強いられました。

 例えば入浴、着替えから浴室内での移動は足を投げ出した状態で両手だけしか使わずに行うしかありませんでした。冷えた浴室の床を尻を擦りながらだと尻の冷たさと尻の皮の痛みで何とも侘しい気持ちになりました。

 日常生活動作を自分の足でそれなりに自由に移動して行えるのとそうでない場合は全然違います。私の場合、両上肢は打撲の痛みはひと月以上続きましたが絶対安静とされた一日を除けば入院中も障害年金請求代理業務を続けることが出来ました。両下肢が使えず移動が制限される不便さを体験しました。

 仕事が忙しく外出も控えたために車イスも外来受診や年金事務所程度でしか使ったことがなかったのですが、車イスの車輪が空転したり前輪が乗り越えられないような段差等が結構多いことに気づかされました。体力やバランス感覚を備える若い人たちならこのようなバリヤもクリアーできるのかも知れませんが年配の方や上半身の筋力の弱い方たちだと介助する人が必要なのだと痛感しました。

両足自立歩行できるようになりましたが左足は歩き出すと筋がパツンパツンと音がし、痛みが出ることがあります。来月の中旬には右足のボルトを抜く手術で2泊3日の入院です。それが終わればジョッギングもできるようになるそうです。

Sdsc_0252_3

丹精込めて作った有機栽培のコシヒカリの収穫直前に入院してしまったために出来なかった稲刈りを妹夫婦が10月上旬に代わりに一部やってくれました。手で刈り、天日干しにしてくれたのですがそのままとなっていました。リハビリがてら4日に機械を動かしモミにする作業を家内に手伝ってもらって終えることが出来ました。

 両足骨折でマラソン大会(柏崎、つくば)への参加を断念したり、その他にもできなくなってしまったことは多かったこの3月間でしたが、本業には支障がなかったことは幸いでした。そして、コシヒカリ6袋を目の前にすると忘れ物が戻って来たような気持ちで素直に嬉しいです。

 

2016年11月13日 (日)

ガンと障害年金受給

 障害年金受給のご相談では、精神疾患の次に多いのがガンで受給できるか?が多いと感じます。65歳後の方もいらっしゃいますが、残念ながらガンの特性から請求資格がない方も多くみられます。

 でも、何年か前と比べると、ガンが障害年金受給対象だとご存じの方ばかりです。ネットの情報発信が増えた効果もかなりあるのではないかと思われます。でも初診日から1年6月経過していらっしゃらない方が多いです。

 例えば大腸がんで人工肛門を設置された方なら、障害認定日の特例で初診日から1年6月を待たずに請求できる場合がありますが、ガンだけですと請求はまだできないことになってしまいます。

 ステージⅣ、余命わずか・・・と宣告された方のご家族からのご相談もございますが、ガンは転移や進行の状況や余命で判定されないことが多く、障害年金受給では厄介な病気だと言えます。命に係わる病気なのに。

 その点もある程度ご承知の方が多く、最近の幣事務所の受任はほぼ100%(想定等級通り)です。ガンは障害状態の判断が適切なら障害年金の受給は難しいとは言えないと考えます。それが簡単ではないですけれども・・・。請求する時期の問題とも言えます。

 1年6月が経過した時点で即請求手続きを始めることが基本なのでしょうけれど、そうとばかりは言えないところがガンの請求の別の面からの難しさがあります。

 特に初診日に厚生年金加入の方で現状3級での認定も難しいが、近い内に該当しそうな方の場合、あるいは、初診日は国民年金加入で現状3級程度でも今後悪化し2級になる可能性が高いような方、このように今後悪化し障害の程度が重くなることが予測される方の請求時期の問題です。

 「今後悪化するのはみな同じではないか?」と思われるのではないでしょうか?「今後」ってどのくらいの期間? ガンの症状悪化の予測は困難ですが、あえて1年以内だとしかお答えできないですね。

 1年と言うのは、一度支給が認められると1年間は症状悪化してもより重い等級に変更請求(額改定請求と言います。)ができなくなるからなのです。1年待たなくてもこの請求ができるように改正されたのですが、その対象傷病にガンは含まれなかったのです。

 なお、死亡後にご遺族が障害年金請求される場合は、初診日から1年6月から9月までに受診された期間のカルテに基づいて作成された診断書でご遺族の方が代わりに請求することが可能です。

«一人暮らし、フルタイム就労

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ