« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月13日 (日)

ガンと障害年金受給

 障害年金受給のご相談では、精神疾患の次に多いのがガンで受給できるか?が多いと感じます。65歳後の方もいらっしゃいますが、残念ながらガンの特性から請求資格がない方も多くみられます。

 でも、何年か前と比べると、ガンが障害年金受給対象だとご存じの方ばかりです。ネットの情報発信が増えた効果もかなりあるのではないかと思われます。でも初診日から1年6月経過していらっしゃらない方が多いです。

 例えば大腸がんで人工肛門を設置された方なら、障害認定日の特例で初診日から1年6月を待たずに請求できる場合がありますが、ガンだけですと請求はまだできないことになってしまいます。

 ステージⅣ、余命わずか・・・と宣告された方のご家族からのご相談もございますが、ガンは転移や進行の状況や余命で判定されないことが多く、障害年金受給では厄介な病気だと言えます。命に係わる病気なのに。

 その点もある程度ご承知の方が多く、最近の幣事務所の受任はほぼ100%(想定等級通り)です。ガンは障害状態の判断が適切なら障害年金の受給は難しいとは言えないと考えます。それが簡単ではないですけれども・・・。請求する時期の問題とも言えます。

 1年6月が経過した時点で即請求手続きを始めることが基本なのでしょうけれど、そうとばかりは言えないところがガンの請求の別の面からの難しさがあります。

 特に初診日に厚生年金加入の方で現状3級での認定も難しいが、近い内に該当しそうな方の場合、あるいは、初診日は国民年金加入で現状3級程度でも今後悪化し2級になる可能性が高いような方、このように今後悪化し障害の程度が重くなることが予測される方の請求時期の問題です。

 「今後悪化するのはみな同じではないか?」と思われるのではないでしょうか?「今後」ってどのくらいの期間? ガンの症状悪化の予測は困難ですが、あえて1年以内だとしかお答えできないですね。

 1年と言うのは、一度支給が認められると1年間は症状悪化してもより重い等級に変更請求(額改定請求と言います。)ができなくなるからなのです。1年待たなくてもこの請求ができるように改正されたのですが、その対象傷病にガンは含まれなかったのです。

 なお、死亡後にご遺族が障害年金請求される場合は、初診日から1年6月から9月までに受診された期間のカルテに基づいて作成された診断書でご遺族の方が代わりに請求することが可能です。

2016年11月11日 (金)

一人暮らし、フルタイム就労

 発達障害でフルタイム勤務(非障害者枠採用)、一人でアパート暮らしされる方の障害厚生年金3級ですが、支給決定を受けました。訴求認定でした。

 フルタイムで特に欠勤、早退・遅刻もない方で、これで認定されなかったら(再)審査請求もご依頼者様が望まれるのであれば必ずやり抜くつもりでした。

 担当の先生は、どうも障害年金手続きに社会保険労務士が介在することに嫌悪感をお持ちのようでしたが、面談なども私からは希望せず書面を提出させていただきました。

 主治医の先生とは(再)審査請求ではお世話になることもありますから、専門家ですしお世話にならなければなりません。その時は医師面談も必要かと思います。(お許しが出ればの条件付きです。)

 私は障害年金請求代理で診断書や初診証明等のいわゆる医証の依頼をして、この先生・病院は患者よりも自分の都合、独善的な考え、組織優先する不当な扱いを受けたことは片手で数えられるらいしかありません。

 発病日が初診日よりも遅い日付を書き、訂正を依頼するとまずは怒声を上げ、医学的な見解を述べるだけだった先生。初診日は私が決めると言ってそれ以上は聞く耳もたない先生。カルテはなくても受診データがあるのにハードコピーは渡さないと言い続けた病院くらいです。

 本題からずれてしまいました。就労の事実は事実として病歴就労状況等申立書には記載し、その状況を詳細に記述しました。ご依頼者様の生きづらさが伝わったと思いました。

 

2016年11月10日 (木)

ようやく2月経過

 両足骨折から2か月が経過し、松葉杖使用可能となりました。来週は右足の装具を使わなくても良くなるはずです。ようやく車の運転もできるようになり、活動範囲は広がります。

 でも、買い物に行くことは多分少ないと思います。入院直後の手術・安静指示があった数日以後はネット通販利用でほとんど済みましたから。実店舗に出かけてもあるはずの商品が品切れしていることが結構あります。

 そんな時は本当に時間と手間を無駄に使わせられたと感じます。ネット通販だったら、さすがに関東ではないので当日着は無理ですが、翌日には到着するものが多いから店まで行く必要性を感じなくなります。

 ネット通販利用は地元の経済活性化には全くマイナスですが、東京や大阪などの大都市に本社がある企業ばかりではなく、地方の会社も結構頑張っているようです。

 障害年金119も地方の社会保険労務士ですが、大都市周辺の先生方にも劣らない、いつでも、どこでも、繋がれる代理人として邁進したいと思います。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ